【知れば勝てる】上昇・横・下落のチャートパターン!【基本編】

こんにちは、glatenです。

本日は、BTCのチャートによく現れる形をご紹介します。

「よく現れる形」はたくさんあるのですが今回はその1つです。

他はまたの機会に^^

上昇・横・下落はよく現れる!

はじめに・・・

はじめに、以下のツイートをご覧ください。

私が、9月28日の11時30分にTweetした内容です。

BTCは急上昇を遂げています。

この後の波の形が、ヨコヨコしていることから、急下落に繋がるのではないかと予測しました。

その結果がこちらです。

はじめは、更に序章するような動きを見せましたが、買いが弱く予測通り、急下落につながりました。(チャートに無駄なものも多く描写してあり、みにくくてすみません汗)

条件は?

さて、先ほどのTweetでも言ったのですが、

急上昇→横→急下落

の形は、BTCにおいて非常に多く観測します。

しかし、一意的に「急上昇があったから次は横で急下落だ」と言うのは間違いです。

当然条件が存在します。

まず、急上昇では大量の出来高を伴うことです。

出来高がないと、それは偽の急上昇の可能性があります。

そして、急上昇後に大きな反落もなく、ダブルトップを形成するような形になることです。

Tweetの画像のような形だと思ってもらって構いません。

さて、この2つが揃っていて、なおかつ、しばらく動きがない横状態の場合、高確率で急落します。

まとめると・・・

①急上昇に十分な出来高を伴うこと

②急上昇後、ダブルトップを形成するような動きがあること

③一定時間、横(レンジ)状態で、動きがないこと

一定時間とは?

さて、「一定時間」横の動きとはどのくらいでしょうか。

それは、急上昇の割合によるので一意的に答えは出せません。

Tweetしたようなだいたい正方形を描くことが多いと思います。

ただし、こちらもスケーリングにより乱れるのでかなり雑な指標です。(ギャン理論を知っていればわかるのですが・・・)

しかし、全く指標がないかと言われればそうではありません。

急上昇から6時間、12時間、24時間前後は比較的動きやすい気がします。(経験則)

経験則なので信憑性が薄いですが、ある程度の指標として考えていただければと思います。

ダマシには注意

さて、Tweetの形にもありがますが、ダマシには注意が必要です。

更に上に行くと見せかけて、急下落というパターンがあるので、しっかりと見極める必要があります。

また、基本的にこの形は、2時間足以下のローソク足で現れます。

日足や8時間足などもみながら、ダマシを判断してください。

また、オシレーター系の指標も参考になると思います。

まとめると・・・

まとめると、

急上昇→横(レンジ)→急下落

はよくある形であり、その条件は

①急上昇に十分な出来高を伴うこと

②急上昇後、ダブルトップを形成するような動きがあること

③一定時間、横(レンジ)状態で、動きがないこと

である。また、急下落する時間には規則性はないが、

急上昇から6時間、12時間、24時間の場所で動き出すことが経験的に多いので、ある程度の指標として利用する。

ということです!

これらの形の応用や、例外、更に詳しいこと、実際のトレード戦略などは別に記事にできればと思っています!

では、本日はこんなところで^^

サポートで逆張りは欲張り?順張りで安全にトレードしよう【トレード戦略】

2018年10月5日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください